アクセスカウンタ
収穫の法則・未来貯金の会
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
未来
幸せつかむ未来にノック
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2012年12月06日

勝てない時は

勝てない時は負けない努力をする
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記録だろうなあ・・・。  

Posted by 未来 at 21:21Comments(0)

2012年12月06日

生涯学習まちづくり・・・自遊・共遊・皆遊プラン

生涯学習まちづくり・・・自遊・共遊・皆遊プラン
   
■コンセプト
・人は、エネルギー。「人の動きを作ることが、まちづくり」と考える。その動きも、自らの楽しみ、いわゆる遊びとしての人の動きである。
その人の流れは、3つに分ける。
1.自分一人で、楽しむ動き      =自遊
2.二人でだったり、小グループの動き =共遊
3.グループ、集団等の大勢での動き  =皆遊
この、3つの「自遊・共遊・皆遊プラン」を創ることで、『町中活性化』ができる。

1.自遊プラン
①夢ロード楽市楽座()
 色を付けた道路。和歌山駅から城。
 月に一度、その道路を市民の「夢ロード和歌山楽市楽座」(フリーマーケット)とする。

②「つどいの家」発展型・・・人が来る家は、福が来る
 ・自宅の1室を開放(地域の人と時間を共有・同じ趣味の人と時間を共有)
 ・つなぐと、「展示会」


  
2.共遊プラン
①まちなかウオークラリー(遊び心で和歌山再発見)
 「かいものウオークラリー」「発見ウオークラリー」「お店数珠繋ぎウオークラリー」
 「お寺数珠繋ぎウオーク」等、いろんな形のウオークラリー



3.皆遊プラン
「ブランド化するには、一般的によく知られている物を、誰も見たことがない角度から見せる」

①城を使ったイベント
ア、「お宝発見」・・・古地図と、忍者のヒントをたよりに「和歌山城お宝」を見つける。
                    (知らなかった城のよさ発見の視点)
イ、ネイチャーゲームでおもしろお城探検(自然観察の視点)
ウ.お城の堀に船を浮かべる(水の上からの視点)
エ.和歌山城ゾーンは、殿様・忍者・侍等に変身して(時代を変えた視点)
  ・・・南別館は、観光客が変身する場所に
オ.健康和歌山城(健康の視点)
①マラソン   ②体操   ③ウオーキング
カ.動物博士(動物との出逢い)
  ・・・動物園等

②まちを使ったイベント(朝のまち・昼のまち・夜のまち)
1.健康    お城・・・ ①マラソン ②体操 ③ウオーキング
2.音楽    コンサート
3.まちづくり しゃべり場
4.生涯学習 .市民学校

③公園を使ったイベント

④川を使ったイベント

⑤放課後学校利用とイベント


・情報共有システム
1.【市民活動中心館】・・・サークル・団体事務局の館・・・
「和歌山市の市民活動の全てが見える」
①公民館活動・サークル・団体活動が見える
 (・時系列 ・施設別 ・種類別 ・小学校地域別)
②余暇相談(「つなぐ」 人→余暇充実のために。人・イベント・サークル・団体・施設)
③サークル・団体の事務局機能
 (ピアノレッスン室・カラオケルームの小さい部屋がならぶイメージ)
④サークル団体のボックス・・・情報交換
⑤遊び場 ・市民チャレンジゲーム会場
⑥各種名人掲示(一人一人が自分名人に)
 例 「種目・種類・登録」→「記録報告(3人の確認サイン)」→「記録公開」

2.【地域まちネット委員】・・・校区ごとの情報共有・・・
「わたしの地域のよさ情報発信」
■情報・・OUT
・ネット・市民活動中心館・駅・支所・コミュニティー・公民館・市役所
■  ・・IN
①公民館長、
②「地域まちネット委員」(公募)
ア.趣旨
 自分の地域のよさを再発見して伝え分かち合う

イ.募集
 小学校区から3名。任期は、2年とする。

ウ.活動
・地域の情報を集める。(「つどいの家」・各種イベント等)
・地域情報を小学校前掲示板・公民館に掲示する。
・イベント情報等を「地域情報」に書き込む

エ.報酬
・なし
(掲示に使用する事務用品支給)

オ.その他
・幼稚園・小学校の1室を情報会議に利用。
・幼稚園・小学校の1室を「つどいの家・・小学校」として利用

【効果】
・公民館・学校への人の流れが出来る。
・自分たちの地域の情報を共有することにより、地域の中での交流が始まる。
・小学校での地域ボランティアとしての人材確保につながる。
・地域のいろいろな人が学校に入ることにより、小学校・中学校でのいじめや学級崩壊等がなくなる。
  

Posted by 未来 at 18:00Comments(0)